ダウンロードソフトウェア販売のベクターPCショップで手に入れよう!Filmora 動画編集プロ(Mac版) 永久ライセンス版

Vectorはおかげさまで20周年
  • ご注文の確認・受取はこちらカートを見るご利用案内

現在地
PCショップ(Macトップ) >  Filmora 動画編集プロ(Mac版) 永久ライセンス版

Filmora 動画編集プロ(Mac版) 永久ライセンス版


⇒Windows版はこちら

  • ※ワンダーシェア社のユーザー登録にて、バージョン9へアップデートが可能です
  • 『Filmora 動画編集 』は、搭載された様々なエフェクトを駆使して本格的な映像編集を行うことができる高性能な映像編集ソフトです。スタイルとBGMを指定するだけで簡単に映像をアレンジして高品質なムービーも自動で作成できます。

    主要特徴
    シンプルでわかりやすいインターフェース、リアルタイム編集機能

    フレーム単位の本格的なタイムライン編集が、直感的な操作で行えます。こだわりの映像を直感的に編集することができます。ドラッグ・ドロップで直感的に編集していくということが動画を再生しながらリアルタイムででき、動画編集がいっそう身近に楽しくなるソフトウェアです。

    撮影に失敗した映像でも、コントラスト、彩度、明るさ、色相などの調整で補正する画期的な機能

    難しい設定がなく、簡単な操作で調整ができるので、パソコンが得意でない方でも安心してご利用していただけます。

    各映像フォーマットに対応!

    多様な動画・画像・音楽形式の入力をサポートしています。例えば:MP4, FLV, AVI, VOB,3GP, ASF, MOV, F4V, M4V, MPG, TS, TRP, M2TS, MTS, TP, DAT, WMV, MKV, DV, MOD, TOD, EVO などに完全対応しています。

    タイムライン上で音声を再生しながら編集可能

    サウンドやミュージックを簡単に編集した映像に追加可能、収録された音声やMP3などのファイルとして挿入できます。ミュージックスタイルを選択するだけで、ムービーの再生時間に合わせたBGMを自動作曲。音声の場合、タイムライン上で「波形」で表示されるので分かりやすいです。

    強力なビデオ編集ツール

    豊富なフィルターや特殊効果、トランジションなどの編集機能を備えています。高度な3Dのパターンもあります。トランジション映像と映像の繋ぎや、映像中のシーンの変化などにメリハリをつけたい、逆に自然に繋げたいなど、映像間の処理で多く用いられるトランジションも多数収録されています。

    演出の機能がさらに充実

    フェードイン・アウト / フィルム / スピードアップ・ダウン 等の『特殊効果』を付加!

    用途に合わせたムービーファイルを作成

    DVDビデオ作成、汎用ビデオファイル、HDビデオファイル、インターネットで配信、iPhone、iPad(ipad2)、iPod、スマートフォン、ゲームプレーヤーなど多様な再生デバイスにも対応しています。

    ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)

    ピクチャインピクチャ(PiP)とは、ムービーの中に、別枠でもう一つのムービーや静止画を配置する効果です。つまり、画面の中に小さな子画面を重ねて、別の内容を表示することで、テレビの画面の隅に小さな画面を重ねて別のチャンネルを表示したり、パソコンのデスクトップ画面の隅にテレビの映像を小さく表示させる画面構成のことです。

    独特の雰囲気による映像の変化が演出可能

    エフェクト映像に特殊な効果を持たせることで、独特の雰囲気を与え、一味違った映像に変化させることができます。タイトル映画でよく見るスタッフロールや、ニュース番組やバラエティ番組でみかけるキャプションも多数収録しています。配置も自由自在なので、全てのエフェクトが適用されると同時に、フル解像度でプレビュー可能です。

    録音・録画可能

    利用可能なカメラデバイスを接続すれば、高フレームレートでの録画も可能です。また、音声を同時に録音する機能や録画画面内に「キャプション」、「注釈」などを付き加える機能も備えています。

    動画編集機能
    テキスト/クレジット編集

    ここでは、「文字の編集」、「色」、「サイズ」、「フォント」、「アニメーション」、「スタイル」など自由度の高い編集ができます。

    フィルター

    「フィルター」ボタンをクリックすると、プレビュー画面でその効果を見ることができます。お気に入りのエフェクトは、そのエフェクト上でマウスを右クリックし、メニューから「適用」を選択します。

     

    オーバーレイ

    「オーバーレイ(Overlay)とは、何かの表面を薄く覆い、透過色を変えることです。以下画像通りの効果があります。「オーバーレイー」タブをクリックして、好きなオーバーレイーエフェクトを右クリックし、「適用」を選びます。

     

    エレメント(ピクチャー・イン・ピクチャー)

    ピクチャー・イン・ピクチャー機能はとてもユニークな機能です。 「エレメント」ボタンを押し、表示されたイラストをタイムラインにドロップしてください。動画上にそのイラストが重なって表示されます。 「エレメント」のイラストに編集を加えたい場合、タイムライン上のエレメントトラックでのビデオや画像を右クリックし、出てきたメニューから「高度な編集」を選択します。

    トランジション(切り替え効果)

    画面切り替えの効果のことをトランジションといいます。 トランジションタブでは動画と動画の区切れ目をぶちっと切れてしまうと変なので違和感無くつなぐために必要な機能です。トランジションを追加すると、スムーズに画面が切り替わるので、映像が一段と洗練された印象になります。トラジションも同様にドラッグをしてタイムライン上にはめ込みましょう。選択したトラジションを右クリックし、メニューから「適用」を選択するとタイムラインへのはめ込みができます。

    分割表示

    この機能は複数のムービーを一気に1画面に表示することが出来る機能です。 簡単に言うと、分割表示は複数の画面を一つの画面に表示することです。分割モードは、2分割 (4種類) /3分割 (7種類) /4分割(7種類)/6分割(1種類)4パターンを装備し、多彩な分割表示が可能になります。特に3スクリーンの分割方法は特徴的でかっこいい感じがします。

    対応入出力&動作環境
    入力形式
    (取り込み可能なファイル形式)
    【動画形式】:MP4, FLV, AVI, VOB,3GP, ASF, MOV, F4V, M4V, MPG, TS, TRP, M2TS, MTS, TP, DAT, WMV, MKV, DV, MOD, TOD, EVO
    【画像形式】:BMP, JPG, PNG, GIF, TIF, ICO
    【音声形式】:AAC, AC3, AIF, AIFF, APE, AU, FLAC, M4A, MKA, MP2, MP3, OGG, WAV, WMA
    出力形式
    (保存可能なファイル形式)
    【動画形式】:MOV, M4V, MP4, MP4 5.1 surround, AVI, MKV, F4V, WMV, MPEG-2 Movie NTSC, MPEG-2 Movie PAL, FLV, 3GP, TS, TRP, HD MOV, HD MP4
    【DVD】:DVDディスク, .dvdmedia, ISO, DVDフォルダー
    【デバイス】:iPhone, iPhone 3G, iPhone 3GS, iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 5, iPhone 5 C, iPhone 5S, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPod touch, iPad, iPad 2, the new iPad PSP, Archos Player, Creative Zen Player, Zune
    OS OS X 10.9 またはそれ以降 最新の Mac OS X 10.13 (macOS High Sierra)にも完全対応
    CPU Intel または AMD CPU、2GHz またはそれ以上
    メモリー 最小限2GB(HD または 4K動画の場合は、8GB以上が必要) *内蔵エフェクトを一括にダウンロードしたい場合は、こちらをクリックしてダウンロードしてください。
    • Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。
    • その他、記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。なお本文中では、TM、(R)マークは明記しておりません。
    • 購入ライセンス数を超えた使用は営利行為であるか否かを問わずソフトウェアの著作権侵害にあたり、損害賠償請求などの対象となりますので絶対におやめください。