ダウンロードソフトウェア販売のベクターPCショップで手に入れよう!Parallels Desktop 19 for Mac

Vectorはおかげさまで20周年
  • ご注文の確認・受取はこちらカートを見るご利用案内

現在地
PCショップ(Macトップ) >  Parallels Desktop 19 for Mac

Parallels Desktop 19 for Mac

法人の方は 請求書払い OK
永続ライセンスとは、 Parallels Desktop 19を利用期限なく使い続けることができる製品です。
1年間サブスクリプションとは、 1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)です。期間中のバージョンアップは無料です。
Academicとは、 中、高、大学の学生、および教職員様向けのお得な商品です。ライセンス形態は1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)です。期間中のバージョンアップは無料です。
Pro Editionとは、 Parallels Desktop 19 の全ての機能に加え、パワーユーザー向けに特化した機能を多数追加した、「プロフェッショナル」な仮想化ソフトです。
 Pro Editionは、1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)となります。

Parallels Desktop for Mac 技術マニュアルとリソース

User Guides

バージョン 19 の新機能 HTML
Parallels Desktop ユーザー ガイド PDF | HTML | ZIP

References

Parallels Desktop Command-Line Reference PDF | HTML
Parallels Python API リファレンス HTML
Parallels C API リファレンス HTML
Parallels 仮想化 SDK プログラマガイド PDF | HTML

システム条件

Microsoft Office、会計用ソフトウェア、トレード用ソフトウェア、SAP、Matlab など、一般的なアプリケーションを実行できます。

プロセッサ

任意の Apple シリコン チップ
Intel Core i5、Core i7、Core i9、 Intel Core M または Xeon プロセッサ

メモリ

4 GB の RAM

ストレージ

Parallels Desktop アプリケーションのインストール用に 600 MB
ゲスト オペレーティング システム用に追加のディスク空き容量(Windows OS の場合は 16 GB 以上が必要)

グラフィック

Apple M2、M2 Pro、M2 Max、M2 Ultra、M1、M1 Pro、M1 Max および M1 Ultra チップ

Intel、AMD Radeon または NVIDIA グラフィック カード

オペレーティング システム

macOS Sonoma 14.0 またはそれ以降
macOS Ventura 13.2 またはそれ以降
macOS Monterey 12.6 またはそれ以降
macOS Big Sur 11.7 またはそれ以降[1]
macOS Catalina 10.15.7 またはそれ以降[1]
macOS Mojave 10.14.6 またはそれ以降[1]

[1] ? マークされた OS のバージョンは Parallels Desktop 19 でサポートされていないため、製品インストーラーは以前のバージョンの製品をセットアップします。ゲスト オペレーティング システムのサポートが制限される場合があります。 可能であれば、macOS をアップデートすることをお勧めします。

高度なグラフィック機能が要求されるアプリケーションや負荷の大きな処理を実行したり、複数の仮想マシンを実行したり場合です。

プロセッサ

Apple M2、M2 Pro、M2 Max、M2 Ultra、M1 Pro、M1 Max および M1 Ultra チップ
Intel Core i5、Core i7、Core i9 または Xeon プロセッサ

メモリ

16 GB 以上の RAM

ストレージ

Parallels Desktop アプリケーションのインストール用に 600 MB
ゲスト オペレーティング システム用に追加のディスク空き容量(Windows OS の場合は 16 GB 以上が必要)

グラフィック

Apple M2、M2 Pro、M2 Max、M2 Ultra、M1、M1 Pro、M1 Max および M1 Ultra チップ

AMD Radeon Pro グラフィック カード

オペレーティング システム

macOS Sonoma 14.0 またはそれ以降
macOS Ventura 13.2 またはそれ以降
macOS Monterey 12.6 またはそれ以降
macOS Big Sur 11.7 またはそれ以降[1]
macOS Catalina 10.15.7 またはそれ以降[1]
macOS Mojave 10.14.6 またはそれ以降[1]

[1] ? 製品インストーラーは、以前の製品バージョンをセットアップします。ゲスト オペレーティング システムのサポートは制限される場合があります。 可能であれば、macOS をアップデートすることをお勧めします。

サポート対象のゲスト オペレーティング システム(Apple シリコン搭載の Mac)

ARM バージョンのオペレーティング システムのみがサポートされています。

サポート対象のゲスト オペレーティング システム(Intel プロセッサ搭載の Mac)

x86 バージョンのオペレーティング システムのみがサポートされています。

  • Windows 11(推奨)
  • Windows 10[1]
  • Windows Server 2022
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Boot2Docker
  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)9,8 および 7
  • CentOS Linux 9 Stream、8、7
  • Fedora Linux 38 および 37
  • Ubuntu 23.04、22.04 LTS、21.10、21.04、20.04 LTS、18.04 LTS、16.04 LTS
  • Debian GNU/Linux 11、10
  • Suse Linux Enterprise 15
  • OpenSUSE Linux 15.5 および 15.4
  • Linux Mint 20
  • Kali 2023.1、2022.2、2022.1、2020.2、2019、2018
  • Elementary OS 7
  • Manjaro 22 および 21
  • Mageia 8
  • Gentoo Linux[2]
  • Solaris 11 および 10[2]
  • openBSD 6[2]
  • FreeBSD 12 および 11[2]
  • OpenVZ 7
  • eComStation 2 および 1.2[2]
  • ReactOS 0.4[2]
  • Android OS(アプリ内ダウンロードのみ)
  • macOS Ventura 13.0[3]
  • macOS Monterey 12.0[3]
  • macOS Big Sur 11.0[3]
  • macOS Catalina 10.15[3]
  • macOS Mojave 10.14.x[3]
  • macOS High Sierra 10.13.x[3]
  • macOS Sierra 10.12.x[3]
  • OS X El Capitan 10.11.x[3]
  • OS X Yosemite 10.10.x[3]
  • OS X Mavericks 10.9.x[3]
  • OS X Mountain Lion 10.8.x[3]
  • OS X Lion 10.7.x[3]
  • OS X Lion Server 10.7.x[3]
  • Mac OS X Snow Leopard Server 10.6.x[3]
  • Mac OS X Leopard Server 10.5.x[3]
  • 他にも数多くの OS がご利用いただけます。
  • [1] — 64 ビット版のみ対応。
  • [2] — このオペレーティング システムでは、Parallels Tools は使用できません。
  • [3] — ホスト OS としてオペレーティング システムをサポートする Mac コンピューターが必要です。

注意:従来の Windows OS バージョン(2000、XP、Vista、7、8/8.1)を実行するには、Parallels Tools バージョン 18.3.0 をダウンロードして使用してください。詳しくは、https://kb.parallels.com/en/129252 をご覧ください。
Parallels Desktop for Mac は PC ハードウェアをエミュレートするため、このリストに記載のないオペレーティング システムであっても機能します。こちらから Parallels Desktop トライアル版をダウンロードして、選択した OS をインストールできます。正常に動作せずサポートが必要な場合は、Parallels フォーラムでお知らせください。
Windows 11 を実行する Parallels Desktop の使用における制限については、KB 129497 をご覧ください。

Parallels Tools for Linux では、X Window System バージョン 1.15〜1.20 および Linux カーネル バージョン 3.1〜6.4〜rc2 が必要です。

©2023 Parallels International GmbH.All rights reserved.
永続ライセンスとは、 Parallels Desktop 19を利用期限なく使い続けることができる製品です。
1年間サブスクリプションとは、 1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)です。期間中のバージョンアップは無料です。
Academicとは、 中、高、大学の学生、および教職員様向けのお得な商品です。ライセンス形態は1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)です。期間中のバージョンアップは無料です。
Pro Editionとは、 Parallels Desktop 19 の全ての機能に加え、パワーユーザー向けに特化した機能を多数追加した、「プロフェッショナル」な仮想化ソフトです。
 Pro Editionは、1年間のサブスクリプション(1年期間更新版)となります。