Secure Back 4 PC Pack は下記のソフトウェアで構成されています。
・Secure Back Manager = 集中管理用ソフトウェア
・Secure Back Client for PC = PC用クライアントソフトウェア

【動作要件】
■Secure Back Manager
・オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
 Windows Server 2003 R2 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
 Windows Storage Server 2003 R2 Workgroup / Standard / Enterprise (SP1以降を含む)
 Windows Server 2008 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
 Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
 Windows Storage Server 2008 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
 Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup / Standard / Enterprise(SP1以降を含む)
 Windows Server 2012 Standard
 Windows Server 2012 R2 Standard
 Windows Storage Server 2012 Workgroup / Standard
 Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup / Standard
 ※ WindowsのFSRM(ファイルサーバーリソースマネージャー)機能を有効にしてご利用ください。
・CPU
 Intel、AMD または互換プロセッサ
 サーバ用プロセッサを推奨
・メモリ
 2GB以上のRAM
 ※ お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。
・ハードディスクの空き容量
 Cドライブに2GB以上の空き容量
・ハードディスクの構成
 任意のドライブをシステム領域とデータ領域に使用します。
 ※ NTFSフォーマットされたローカルディスクであることが必要です。
・通信ポート
 インバウンドポート:HTTP(TCP80※1)、ファイル転送(TCP26000※2)
 バックアップサーバ内部通信ポート:TCP25000※1※3、TCP3306※1
 アウトバウンドポート:HTTPS(TCP443※4) SMTP(TCP25※5)
 ※1 インストール時に任意のポートに変更可能
 ※2 Secure Back Enterprise ManagerはTCP26000-26999 の1000ポートから動的に使用
 ※3 設定したポートから連続する1000ポートを動的に使用
 ※4 Secure Back Managerのアップデート機能利用時に使用。プロキシサーバにも対応
 ※5 メール送信機能利用時のみ。お使いのSMTPサーバに合わせて任意のポートを指定可能
・対応Webブラウザ
 Microsoft Internet Explorer 8.0 以降 ※ JavaScriptを利用
・その他
 LANに接続されていること。
 Apache、PHP、MySQL(それぞれ各バージョン)がインストールされていないこと。

■Secure Back Client for PC
・オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)
 Windows Vista 各エディション( SP1以降を含む)
 Windows 7 各エディション(SP1以降を含む)
 Windows 8 各エディション
 Windows 8.1 各エディション
・CPU
 Intel、AMD または互換プロセッサ
・メモリ
 1GB以上のRAM
 ※ お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。
・ハードディスクの空き容量
 インストールに30MB以上の空き容量
 ログ領域に100MB以上を推奨
 メールバックアップ時は、メールデータと同容量のテンポラリ領域が必要となります。
 ※ メーラによってはテンポラリ領域を使用しません。
・その他
 LANに接続されていること。