ダウンロードソフトウェア販売のベクターPCショップで手に入れよう!WinZip 24 Standard ダウンロード版

  • ご注文の確認・受取はこちらカートを見るご利用案内

現在地
PCショップ(Windowsトップ) >  WinZip 24 Standard ダウンロード版

WinZip 24 Standard ダウンロード版

WinZip 24

対応OS:
Windows 10/8.1/7

圧縮/解凍を超えた、多彩な機能

「WinZip 24」はファイルの圧縮/解凍から進化した先進的なユーティリティ・ソフトです。


圧縮/解凍

幅広い圧縮形式に対応。ファイルを解凍せず中身の確認や変更ができます。


共有

メールやクラウドサービス、SNSなどで大きなファイルもラクに共有できます。

管理

DropboxやOneDriveなど、ネットワーク上のファイルを検索して開けます。


保護

ファイルの暗号化や読み取り専用PDFの作成など、豊富な機能を搭載しています。


圧縮/解凍

Zipx圧縮がより快適に

ZSTD に基づいて Zipx 形式に圧縮できるようになりました。そのため、DEFLATE やDEFLATE64 よりも高い圧縮率で、多数のファイル形式をより速く圧縮・解凍できます。

ZipとZipxを簡単切り替え

シンプルなリボンの切り替えを使って、ファイル形式を Zip または Zipx に切り替えられます。保存するときも Zip か Zipx を選択できます。

Zip ファイルにファイルを容易に追加できる

WinZip のファイル領域に表示された Zip ファイルにファイルを簡単に追加できます。追加は、ファイルをドラッグ アンド ドロップするだけで簡単にできます。

よりすばやく表示および解凍

WinZip のダイレクト アクセス技術によりすばやく表示できるようになり、クラウドに保管された大容量 Zip ファイルの解凍時間も大幅に短縮されました。

ファイルを開くと解凍のプロンプトを表示

エクスプローラ、WinZip のファイル領域やリボン、ファイルメニューから Zip ファイルをすぐに解凍できます。元のフォルダ、ドキュメントフォルダまたは選択したフォルダにファイルを簡単に解凍できます。

ファイル領域のフォルダに解凍

ワンクリックで、ファイル領域の選択したフォルダにファイルを解凍できます。

POSIX TARに対応

最新の圧縮形式の POSIX TAR ファイルを開いて、解凍できます。

解凍して元のファイルと置き換えできる

複数の Zip ファイルを素早く簡単に解凍し、それぞれのネイティブファイルと置き換えます。

分割 Zip ファイルの作成

大きなZip ファイル複数のパーツに分けることができます。サイズの大きなファイルの配布が容易になります。

MP3を音質を下げずに圧縮

機能が強化された MP3圧縮で、さらに多くの音楽をスマートフォンやクラウドサービスに追加したり、簡単にプレイリストを共有したりできます。Zipxフォーマットにより、音質を低下させずに MP3 ファイルを平均15〜20%圧縮できます。

なんでも解凍

幅広い種類の圧縮ファイルからコンテンツを抽出できます。暗号化されたファイルを抽出する場合、一時的に抽出したコピーをすべて自動消去し、不正使用を防止します。

対応形式
Zip、Zipx、RAR、7Zip、BZ2、LHA/LZH、VHD/VDMK、XZ など、

どんな場所にあるファイルも圧縮

パソコン、ネットワーク、クラウド内の動的に更新される [よく使用するファイル] フォルダを使用して、ファイルやフォルダを簡単に検索できます。

他のアプリケーションから圧縮

他のアプリケーションで作業をしていても WinZipの機能を使えます。Explorer、Microsoft Office、スキャナー(Pro 版のみ)、写真(Pro 版のみ)、および Microsoft Outlookから、圧縮、暗号化、共有などを実行できます。 WinZip Express ツールは Office 2016で使えるようになりました。

便利なタッチ対応

本製品はあらゆるタッチ対応デバイスまたはパソコン上で使えます。2-in-1 パソコンでは、システムの使用モード(タブレットまたはノートパソコン モード)に応じて自動的にレイアウトが切り替わります。

共有

WinZip Express で自動化

お気に入りの WinZip Express の設定に名前を付けて保存し、後で再利用することができます。設定を保存すると何度でも再利用できるので、前回使用した設定を思い出す必要はありません。また、WinZip Pro および Enterprise をご利用の場合は、保存した設定を使って、WinZip Express の自動起動をスケジュール設定できます。

Windows のチャームを利用して共有

メール、ソーシャルメディア、インスタントメッセージに対応する WinZip の共有機能に Windows のチャーム機能を追加しました。(Windows に内蔵された共有サービス)。

共有した URL を短縮

メッセージ内のテキストの折り返しにより、共有したリンクが途切れるのを防止します。ZipShareサービスにより、 WinZipのオプションで URLを自動で短縮させてインスタントメッセージ、ソーシャルメディア メッセージ、メールに挿入できます。

My Cloud 上のファイルへのリンクを入手

クラウドに保管されたファイルを簡単な方法で共有できます。 [クラウドに保存] ダイアログで、クリップボードにリンクを保存するチェックボックスにチェックを入れると、アップロードされた(保存された)ファイルのリンクがクリップボードにコピーされます。このコピーされたリンクを使って、スカイプや Word など、他のアプリにペーストできます。

連結アドレス帳

メールアカウント、ソーシャルメディアサービス、あるいはローカルの連絡先から連結アドレス帳に情報を追加しておくと、名前やメールアドレスで指定し、直接メールを送信したりファイルを共有したりできます。

個別 Zip ファイルを作成して共有を効率化

例えば、クラウド内の複数のZipファイルを含む大容量なファイルにスマートフォンからアクセスするときも、ファイル全体をダウンロードせずに必要な Zip ファイルだけをダウンロードできます。

ZipShare で共有したファイルを記録

WinZip または ZipShare のどちらからファイルを共有していても、それを簡単に把握できます。さらに ZipShare や他のクラウドサービスを使い、共有ファイルを保存できます。ファイル領域の共有ファイル ダッシュボードで、WinZip から共有ファイルの閲覧や管理ができます。ZipShare で共有したファイルも含め、共有ファイルのリストを表示し、その中のファイルを開き閲覧し、再度共有したり削除したりできます。

送信ファイルの指定機能

Zip ファイルのコンテンツを確認または変更した後に [選択したファイルを以下へ送信] をクリックし、個々のファイルまたは Zip ファイル全体のどちらでも選択して送信できます。

変換ファイルの共有

別形式で保存しなくてもファイルを共有でき、ファイルが増えていくのを阻止できます。従来版では、例えばPDF への変換をする際、既存のファイルに上書きまたは保存してから検索、共有し、削除する必要がありましたが、新しい WinZip では、変換したファイルをメールや IM、ソーシャルメディア、クリップボードで共有した後、一時ファイルが自動で削除されます。

クラウドからリンクを共有

クラウドサービスにあるファイルやフォルダのファイルをメール、IM、ソーシャルメディア、クリップボードでワンクリックで簡単に共有できます。

WinZip メール

WinZip の内蔵メール機能が、Gmail および Outlook(Hotmail)用の IMAP に対応しました。また、Gmail の 2 段階認証プロセスにも対応しています。

どこでも共有

FacebookやTwitterに直接共有できます。また、主なクラウドサービスおよび Twitter IM、Office 365 グループ、Google Talk およびGoogle+ Hangouts、そして Jabber など一部のインスタントメッセージ サービスでも安全に共有できます。

手軽な共有機能

SmartShare を使えば、パソコン内はもちろんやクラウドサービス、 zip からファイルを選択し、ソーシャルメディア、IM、メールで簡単に共有できます。WinZip Proなら、ファイルビューアからソーシャルメディア サイトへ、ワンクリックでイメージを直接共有できます。

クラウド サービスへの接続

ZipShare、Box、OneDrive、Dropbox、Google Drive、CloudMe、SugarSync MediaFireなど に直接接続でき、クラウド ファイルをまとめて整理できます。本製品で、大容量ファイルを圧縮して暗号化することでファイルを保護し、ネットワーク上の貴重なストレージ容量を節約できます。

ZipShare

WinZipから直接 ZipShare アカウントにアクセスして、メールを通じて圧縮ファイルを簡単に共有できます。好きなタイプのファイルを圧縮して、FacebookやTwitterなどと共有できます。ZipShare を使用して 500MB のファイルを送信、または最大5GB まで ZipShare Pro に移動できます。

ワンクリックで大容量ファイルをメール送信

対応するクラウドサービスを使用して、大容量のファイルやフォルダをメール送信することができます。ファイルは自動的にデフォルトのクラウドサービスにアップロードされ、リンク先が送信メールに記載されます。

管理

よりすばやくファイルを検索

検索機能を使うと、ローカルやネットワーク、クラウド スト―レージに保管されたファイルも、素早く見つけられます。

重要なファイルをピン留め

ローカルやネットワークに保管されたファイルや重要なクラウド ベース ファイルをクイック アクセスにピン留めすると、ボタンをクリックするだけでアクセスできます。

ファイル ペインでシェル拡張をサポート

ファイル ペインから直接シェル拡張機能を操作できます。エクスプローラでしか使えなかった拡張機能が、WinZip のファイル ペインでも利用できるようになりました。

より効率的にファイルを整理

クリーナーツールの予定を設定して実行すると、しばらく使用していないファイルをコンピューター、ネットワーク、クラウド ストレージから見つけることができます。
また、ファイルを削除するか、Zip 解凍するか、保管位置を変えるかを自由に設定できます。新オプションの [無視する] を選択して、処理しないファイルの設定もできます。

ダイレクトアクセスでZipファイルのパフォーマンスが向上

ダイレクト アクセスを使うと、クラウドに保管された Zip ファイルの必要な部分のみをダウンロードできるため、特に巨大な圧縮ファイルのアクセスパフォーマンスが大幅に向上します。
バックグラウンドで追加のファイルも自動でダウンロードするため、解凍したり見たいファイルにいつでもアクセスできます。

ファイルおよびフォルダの有効期限を設定

Zip ファイルを含めて、ローカルおよびネットワーク ファイルやフォルダをスケジュールを設定して削除できます。クラウドファイルやフォルダの削除のスケジュール設定機能は、Pro限定です。

撮影日と更新日を表示

撮影日に基づいて写真をソートできるようになりました。プレビューで撮影日や更新日に基づいて画像を表示させることができます。このため、ファイルの複製日と写真の撮影日を区別することもできるようになりました。

複数のファイル名を同時に変更

ファイルの名前を一つずつ変更する必要はありません。WinZip の「グループ単位の名前変更」機能を使うと複数のファイルの名前を一括変更できます。

スライドしてファイルおよびアクション領域を隠す

タブレットやノートブックのユーザーの方々は、Zip領域を広げて以前より多くの情報を見ることができます。ファイル領域やアクション領域にスライド機能が追加されたため、Zip領域により多くの情報を表示できるようになりました。

自動でメンテナンス

WinZip のバックグラウンド ツールでファイルとフォルダのクリーンアップのスケジュールを設定し、自動でメンテナンスを実行できます。

WinZip 内蔵のファイル管理機能でファイルを管理

WinZip のファイル管理機能がよりわかりやすく、効果的になりました。WinZip のファイル管理では、主にリボン ボタンとアクション領域ボタンを使ってファイル/フォルダの操作を行ないます。

画像形式の変換

画像ファイルのサイズを瞬時に小さくし、jpg から png など画像形式を変換します。Zipファイルに追加するか、デスクトップに保存して、さまざまな用途に使えます。

Winzip Express でクリップボードにコピー

Winzip Express でファイルのクラウドリンクをクリップボードにコピーし、他のアプリに貼り付けて共有できます。

アドレス帳オプション

Winzip のメーラーで、連絡先リストに追加せず、1 度限りの相手にメッセージを送信できます。また、手入力した相手を追加しない設定ができ、例えば就職活動など 2 回目のやり取りはない、多くの別の相手にメッセージを送る際に便利です。

ファイルをもっと簡単に「移動」

新しくなった[移動]ボタンと[追加]ボタンで、Zip ファイルへのファイルの追加または移動がよりしやすくなりました。

ファイル領域のタブ

ファイル領域タブにより、エクスプローラーウィンドウを複数使うことなく、いくつものフォルダを同時に開き、閲覧し、管理できます。パソコン、ネットワーク、またはクラウドのフォルダを確認し、タブからタブへファイルをドラッグ&ドロップするだけで、コピーできます。

フォルダ ツリー

ファイル領域のフォルダーツリーオプションで、パソコン、ネットワーク、クラウドフォルダをまとめたレイアウト内を表示および移動でき、フォルダを素早く簡単に選べます。

ファイル領域のスワイプ

スワイプで簡単にファイル領域を拡大したり元に戻したりできます。

ネットワークの場所の追加

WinZip を開いたまま、別ドメインのネットワークにアクセスできるようになりました。Windows のネットワークフォルダに表示されていなくても、アクセスしたことのあるネットワークのすべてを WinZip のファイル領域に追加できます。

どんな場所にあるファイルも圧縮

[ファイルの場所] リストから、パソコン、ネットワーク、Windows ホームグループ内のパソコン、および対応するクラウドサービス内のファイルにすばやくアクセスし、圧縮できます。

強力なファイル管理

ファイル管理リボンを使うと、ネットワーク、クラウドサービスでのファイルのコピー、移動、削除、複数ファイルの名前変更、復元が簡単にできます。フォルダやネットワークの場所をドライブにマップしたり、パスやクラウドへのリンクをクリップボードにコピーしたりもできます。新搭載の [ファイル管理] ボタンで、よく使用するファイルの管理機能にもすばやくアクセスできます。

バックグラウンド・ツール

古いファイルをZip 圧縮、削除、あるいはクラウドへ移動したり、一時フォルダ内の未使用ファイルやゴミ箱内のファイルを削除、あるいは安全に消去、または復元についてリマインドしてくれます。

PDF へのファイル変換

Microsoft Officeのファイルを PDFに変換して Zip ファイルに追加し、ローカルまたはクラウドに保存できます。ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを誰とでも簡単に共有できます。読み取り専用の PDF を作成することで、安全性をさらに高めることもできます。

共有可能な画像の作成

高解像度の画像を Zip ファイルに追加する際、共有に適したサイズに直接変換できます。サイズを小さくした画像を用意しなくても、アルバム全体を簡単に共有できます。また、画像を縮小/拡大して、ローカルやクラウドに保存できます。希望に応じてウォーターマークの追加も可能です。

ファイルとフォルダーのプレビュー

コンテンツを保存するかどうか決める前に、Zip ファイルの内容を参照できます。Zip ファイル内の相互に関連するコンポーネント(HTML ページとその関連画像など)も一時的に確認できます。

タスクに合わせてインターフェイスを変更

WinZip のインターフェイスを簡単に変更でき、必要な機能を表示あるいは非表示にできます。デフォルトで Zip 圧縮機能が表示されますが、ファイルを使った作業ではファイル管理領域に簡単に切り替えられます。より見つけやすく、調整しやすくなりました。いままでの WinZip がお気に入りなら、これまでのリボンも使えます。

保護

ファイルから不要な EXIF データを削除

ファイルを共有する前に、隠れた個人データ(EXIF)を削除し、うっかり個人情報を共有してしまうのを防ぎます。 この機能を使えるファイル形式:DOC/DOCX、GIF、JPG (JPEG)、PDF、PNG、PSD、PPT/PPTX、XLS/XLSX

Zip ファイルの暗号化

ツールやリボンのボタンをワンクリックするだけで、既存の Zip ファイルを暗号化できるようになりました。暗号化もワンステップ。時間を節約しミスの可能性を減らします。

新しいファイルの暗号化オプション

暗号化されたファイルを含む Zip ファイルを更新すると、更新されたファイルを自動的に暗号化します。元のファイルのパスワード認証し、不正なアクセスからファイルを守ります。

パスワード保護

Zip ファイル内の暗号化ファイルを削除するには、パスワードが必要です。ファイルを誤って削除することがなくなります。

柔軟なファイル変換

PDFへの変換、写真のサイズ変更、ウォーターマークの追加、暗号化は、Zip の作成前、作成中、作成後、どのタイミングでも設定を追加したり変更できます。変更内容を zip 内のすべてのファイルに適用するか、選択した個々のファイルのみに適用するかも選べます。

個人情報を保護

FIPS 197 認定の 128 ビットまたは 256 ビットの AES 暗号化により、高度なセキュリティを適用することで、不正アクセスからファイルを保護します。さらに複雑度の条件を定義したパスワード・ポリシーを設定できます。本製品でパスワードポリシーを遵守できます。

ウォーターマークの追加

画像や PDF にカスタム ウォーターマークを追加することにより、不正コピーを防ぎ、追跡を可能にし、知的財産を保護することができます。ウォーターマークの透過度、表示方法、位置は設定できます。日付やタイムスタンプを追加することで、さらにセキュリティを強化できます。

動作環境

  • 対応OS:
    Windows(R) 10 (32ビット/64ビット版)
    Windows(R) 7(32ビット/64ビット版)
    Windows(R) 8.1(32ビット/64ビット版)
  • インターネット接続が必要
  • Internet Explorer 8以上が必要

ご注意

  • 本製品は1台のPCでのみご利用可能です。
    OSの再インストール/PCの初期化・変更/HDDの変更を行なうと別PCと認識されます。

開発 Corel Corporation
販売・サポート ソースネクスト株式会社
Copyright (C) 2019 Corel Corporation. All rights reserved. 


  • 画面画像と実際の画面は多少異なることがあります。また、製品の仕様やパッケージ、価格などは予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。










PCショップからのオススメ

マカフィー リブセーフ 1年版
マカフィー リブセーフ 1年版
価格:9,147円

家族全員のパソコン・スマホを、何台でも守る「マカフィー」

詳しい内容を見る
1/31(金)まで【1,980円】AdGuard Premium
1/31(金)まで【1,980円】AdGuard Premium

【1,980円】YouTubeの動画広告もブロック「AdGuard」

詳しい内容を見る
【過去最安】Windows7フォーエバー -Security-
【過去最安】Windows7フォーエバー -Security-
価格:3,999円

ノミネート【記念特価】サポートが切れた「Windows 7」を安全に使う

詳しい内容を見る
【過去最安】Advanced SystemCare 13 PRO
【過去最安】Advanced SystemCare 13 PRO
価格:5,478円

ノミネート記念【2,980円】人気No.1パソコン高速化ソフト

詳しい内容を見る
【過去最安】動画レコーダー+BD・DVD作成
【過去最安】動画レコーダー+BD・DVD作成
価格:6,410円

画面録画ソフトとBlu-ray・DVD作成ソフトの特別セット!

詳しい内容を見る
【新発売】瞬簡PDF 変換 11
【新発売】瞬簡PDF 変換 11
価格:5,940円

PDFをOfficeファイルに一括&【高精度】変換

詳しい内容を見る
ノミネート記念【2,980円】おまかせ英文代筆
ノミネート記念【2,980円】おまかせ英文代筆
価格:4,980円

【過去最安】あなたの代わりに英文を代筆

詳しい内容を見る
即戦力!Excel仕事術 プロフェッショナル版
即戦力!Excel仕事術 プロフェッショナル版
価格:6,091円

1/31(金)までメール会員限定【980円】Excelに418種の機能を追加

詳しい内容を見る
ノミネート記念【4,378円】やるぞ!確定申告2020
ノミネート記念【4,378円】やるぞ!確定申告2020
価格:5,478円

電話・メール・リモート操作で充実のサポート「やるぞ!確定申告」

詳しい内容を見る
CeVIO さとうささら トークスターター
CeVIO さとうささら トークスターター
価格:6,600円

1/30(木)まで【5,280円】「さとうささら」で音声創作

詳しい内容を見る