ダウンロードソフトウェア販売のベクターPCショップで手に入れよう!暗号化マスター 7

  • ご注文の確認・受取はこちらカートを見るご利用案内

現在地
PCショップ(Windowsトップ) >  暗号化マスター 7

暗号化マスター 7

製品概要
特長・機能
動作環境
 
 
  暗号化マスター 7 特長・機能
   
  共通仕様機能
  Windows 10に対応
マイクロソフト社の新OS、Windows 10に対応しました。今後も安心してご利用いただけます。。

米国標準技術局(NIST)の制定した次世代標準暗号「AES256」採用
米国標準技術局(NIST)の制定した次世代標準暗号「AES 256」(Advanced Encryption Standard)に採用された「Rijndael」暗号を採用しています。次世代標準を採用したことにより、将来的にも安心してご利用いただけます。

ファイルの種類にかかわらず、全てのファイルを暗号化可能
暗号化マスターは、ディスク上のファイルそのものを暗号化しますので、ファイルの種類にかかわらず、全てのデータを暗号化することができます。グラフィック、画像ファイル、音声ファイル、データベースのファイル、WORD文書、Excelシート、Photoshopファイル等、すべてのデータファイルを暗号化できます。

個人ユーザーであれば、所有するPCに自由にインストール可能
   
  1. 「自動暗号化フォルダー」機能
 
指定フォルダー内にコピー・移動されたファイルをすべて自動的に暗号化
指定したフォルダーに、ファイルをコピー・移動すると、自動的に暗号化され、フォルダーの中には、暗号化されたファイルだけが残ります。暗号化し忘れ等の人為的な事故を防ぐことで、手軽に実行できる上に、機密性、安全性が向上します。(注意:自動暗号化フォルダに指定できるのは、ローカルハードディスク上のフォルダに限られます。)

自動暗号化フォルダーは複数設定でき、別々のパスワードで指定可能
自動暗号化フォルダーは複数設定することができ、各々の自動暗号化フォルダーに個別のパスワードを設定することができます。これにより、暗号化したファイルをメール等で送付したい時、送付先毎に、パスワードを変えた自動暗号化フォルダーを用意することで、相手毎にパスワードを変えた暗号化ファイルを簡単に用意する事ができます。

自動暗号化フォルダーはOneDrive、Dropboxのクラウド同期フォルダーと併用可能
OneDriveやDropBoxといったメジャーなクラウド同期フォルダーとの併用が可能であり、クラウドフォルダーの中に、自動的に暗号化ファイルに変換されるフォルダーを設定することで、より安全な利用が可能です。

自動暗号化フォルダー内の暗号化ファイルは、ダブルクリックだけで編集可能で、閉じる際には自動的に再暗号化
利便性を追求した結果、自動暗号化フォルダー内では、ダブルクリックだけで暗号化されたファイルを復号でき、簡単にファイルの編集や修正をすることが可能になりました。さらに、ファイルを閉じることで、自動的に再暗号化されますので、暗号化処理を忘れることはありません。


自動暗号化フォルダーの設定の際に、常に、パスワード入力を求めるオプションも指定可能
利便性に更なるセキュリティをお求めの場合に、ダブルクリックで、パスワードを要求するオプションを追加しました。正しいパスワードを入力すれば、ファイルを復号でき、簡単にファイルの編集や修正をすることができます。この場合にも、ファイルを閉じることで、自動的に再暗号化されますので、暗号化処理を忘れることはありません。


自動暗号化フォルダーの設定の際に、パスワードの誤入力に対する許容回数も設定可能
さらに、セキュリティを高めるために、パスワード入力を求めるオプションには、パスワードの誤入力に対する許容回数も設定可能です。外部者による閲覧や変更を適切に防ぐことができます。

自動暗号化フォルダー内のファイルを、別の場所に移動しても、暗号化されたままで、メールへの添付ファイルの暗号化等、ファイルの暗号化処理を手軽に利用可能

暗号化されたファイルは、ファイル・フォルダーの暗号化機能と同じ形式を採用しているため、デサイファーで復号可能

自動暗号化フォルダーを解除する際には、暗号化ファイルを一括で復号することも、そのまま、暗号化したままにすることも可能
自動暗号化フォルダーの指定を解除する際に、フォルダー内の既存のファイルを一括して、暗号化、または、暗号化の解除(復号化)をできるようになりました。この機能は、自動暗号化フォルダーの機能としてご利用いただけるだけでなく、一度、自動暗号化フォルダーに指定してから解除することで、個別のファイルを一括して暗号化し、フォルダー内で個々の暗号化ファイルとして管理することができます。

自動暗号化フォルダーの作業用ファイルの完全消去と、Windows終了時の一時ファイルの完全消去
作業ファイルの完全消去だけでなく、Windowsの一時ファイルも完全消去を行うことで、セキュリティを高めております。
 
指定フォルダー内にコピー・移動されたファイルをすべて自動的に暗号化
指定したフォルダーに、ファイルをコピー・移動すると、自動的に暗号化され、フォルダーの中には、暗号化されたファイルだけが残ります。暗号化し忘れ等の人為的な事故を防ぐことで、手軽に実行できる上に、機密性、安全性が向上します。(注意:自動暗号化フォルダに指定できるのは、ローカルハードディスク上のフォルダに限られます。)

自動暗号化フォルダーは複数設定でき、別々のパスワードで指定可能
自動暗号化フォルダーは複数設定することができ、各々の自動暗号化フォルダーに個別のパスワードを設定することができます。これにより、暗号化したファイルをメール等で送付したい時、送付先毎に、パスワードを変えた自動暗号化フォルダーを用意することで、相手毎にパスワードを変えた暗号化ファイルを簡単に用意する事ができます。



自動暗号化フォルダーの設定時には、既存ファイルを一括して暗号化も可能
指定フォルダー内のファイルをすべて自動的に暗号化することが可能です。

自動暗号化フォルダー内の暗号化ファイルは、ダブルクリックだけで編集可能で、閉じる際には自動的に再暗号化
利便性を追求した結果、自動暗号化フォルダー内では、ダブルクリックだけで暗号化されたファイルを復号でき、簡単にファイルの編集や修正をすることが可能になりました。さらに、ファイルを閉じることで、自動的に再暗号化されますので、暗号化処理を忘れることはありません。


自動暗号化フォルダーの設定の際に、常に、パスワード入力を求めるオプションも指定可能
利便性に更なるセキュリティをお求めの場合に、ダブルクリックで、パスワードを要求するオプションを追加しました。正しいパスワードを入力すれば、ファイルを復号でき、簡単にファイルの編集や修正をすることができます。この場合にも、ファイルを閉じることで、自動的に再暗号化されますので、暗号化処理を忘れることはありません。


自動暗号化フォルダーの設定の際に、パスワードの誤入力に対する許容回数も設定可能
さらに、セキュリティを高めるために、パスワード入力を求めるオプションには、パスワードの誤入力に対する許容回数も設定可能です。外部者による閲覧や変更を適切に防ぐことができます。

自動暗号化フォルダー内のファイルを、別の場所に移動しても、暗号化されたままで、メールへの添付ファイルの暗号化等、ファイルの暗号化処理を手軽に利用可能

暗号化されたファイルは、ファイル・フォルダーの暗号化機能と同じ形式を採用しているため、デサイファーで復号可能

自動暗号化フォルダーを解除する際には、暗号化ファイルを一括で復号することも、そのまま、暗号化したままにすることも可能
自動暗号化フォルダーの指定を解除する際に、フォルダー内の既存のファイルを一括して、暗号化、または、暗号化の解除(復号化)をできるようになりました。この機能は、自動暗号化フォルダーの機能としてご利用いただけるだけでなく、一度、自動暗号化フォルダーに指定してから解除することで、個別のファイルを一括して暗号化し、フォルダー内で個々の暗号化ファイルとして管理することができます。

自動暗号化フォルダーの作業用ファイルの完全消去と、Windows終了時の一時ファイルの完全消去
作業ファイルの完全消去だけでなく、Windowsの一時ファイルも完全消去を行うことで、セキュリティを高めております。
   
  2. データの暗号化、復号機能
 

任意に指定したデータの暗号化
・単一ファイルの暗号化
・複数ファイルの暗号化
・単一フォルダーの暗号化
・複数フォルダーの暗号化
暗号化を行う対象は、個別のファイル、フォルダーに限らず、任意に指定したファイルとフォルダーを自由に組み合わせて、暗号化することができます。

暗号化ファイルのアーカイブ
複数ファイル、複数フォルダーを、1つの暗号化ファイルに収録できます。関連したファイルだけをまとめて、1つの暗号化ファイルにすることができますので、企業内でのプロジェクト終了時の保管用履歴データの取りまとめや、社内用機密データの記録用に、関連したデータを一括して安全に保存することができます。

ドラッグ&ドロップによる暗号化
暗号化を指定するダイアログに、エクスプローラからファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に複数のファイルやフォルダーの暗号を指定することができます。

右クリックによるコンテキストメニューから暗号化と復号化を指定
更に、エクスプローラ上で、ファイルやフォルダーをクリックしてコンテキストメニューから、暗号化を選ぶと、パスワードやオプションを設定するダイアログを表示し、その場で、簡単に暗号化することができます。また、逆に、暗号化してあるアーカイブファイルをクリックして、復号メニューを選んでパスワードを入れれば、その場で、データを復号することもできます。

暗号化ファイルのダブルクリックによる復号処理
使い易さの追求から、暗号化されたファイルをダブルクリックするだけで、パスワード入力ダイアログが表示され、その場で、復号できます(復号されたファイルを作成します)。

復号機能を内蔵させる自己解凍型暗号化ファイル作成ツールを搭載
指定ファイル・フォルダーを自己解凍型暗号化ファイルへ変換することができ、パスワードだけでいつでも復号できます。

復号期限と回数の制限機能
暗号化する際のオプションとして、復号可能な期限と、復号可能な回数を設定できます。この2つの制限はそれぞれ個別に設定することも、期限と回数を同時に設定することも可能です。つまり、復号可能な期限の指定の有無と、復号回数無制限または回数制限付きで、暗号化ファイルを作成することができます。これにより、外部に触れる可能性のあるデータを予め、復号制限付きで用意することができ、最悪の事態を回避する手段の一つとして利用することができます。


パスワードの誤入力制限機能
オプションとして、パスワードの誤入力に対する機能です。暗号化する際に、誤入力の回数の上限を設定することで、外部者がパスワード解除を試みた際への対策になります。具体的には、誤ったパスワードを指定回数よりも多く試みると、その暗号化ファイルは復号できなくなります。

圧縮機能
暗号化する際に、「圧縮なし」、「速度優先圧縮」、「圧縮率優先圧縮」の3種類の圧縮オプションを選択することが可能です。圧縮には業界標準のZIP圧縮を採用しております。デフォルトでは、速度優先圧縮を指定してありますが、暗号化の際にその他のオプションを指定することができます。圧縮することにより、ディスク容量の軽減と送付時のデータ転送時間を短縮します。

コマンドラインツールを搭載
Windowsのコマンドプロンプトから使える暗号化・復号化をするコマンドラインツールです。コマンドラインからの処理を可能にしたことで、バッチファイルを作成して、自動的に指定のデータを暗号化処理することができるようになりました。またパスワードは、別ファイルに収めることが出来るので、他のバッチファイルと併用して、目的に応じて処理内容を変更することも出来ます。

暗号化後に、元ファイルの完全消去を行うオプションの指定が可能
「暗号化実行後に、オリジナルのデータを自動完全消去する」このオプションを選ぶと、暗号化実行後、消去方法を選択するダイアログを表示し、オリジナルデータのファイルを完全消去することができます。このオプションにより、手元のPCからの情報漏洩を未然に防ぐことができます。
   
  3. ファイルやフォルダーの完全消去機能
  右クリックによるファイルとフォルダーの完全消去機能
「完全消去マスター」で培ったフォルダー/ファイル消去機能を搭載し、暗号化とは別の情報漏洩対策も提供します。完全消去は、復元が困難なパターンでデータ領域を上書きすることで実現されます。弊社では、0や1の書き込みから、NSA、NATO、DoD等の公的機関の定めた仕様、ディスク記録の電子パターンから割り出されたGutmann方式までの全8方式をサポートしていますので、用途と処理速度に合わせて選択いただけます。

暗号化されたデータだけでなく、任意のファイルやフォルダーも完全消去
この右クリックのよる完全消去機能は、暗号化したデータの元ファイルや、暗号化されたデータだけではなく、その他の種類のあらゆるデータファイル、データフォルダーを、復元不可能な状態に完全消去できますので、外部への漏洩の危険性を排除できます。
   
  4. 自由に使用・再配布可能な復号専用ソフト「DECIPHER」(デサイファー)の無償提供
  暗号化マスターで暗号化を行った利用者は、暗号化されたファイル、フォルダーを復号するための復号専用ソフト「DECIPHER」(デサイファー)を、自由に使用・再配布することができます。「DECIPHER」(デサイファー)は、交信相手に無償で渡すことができますので、第三者からの覗き見、改ざんの防止、データの受け渡しを安全に行うことができます。また復号化の期限や回数制限機能を反映しているので、漏洩を防ぐためにも有効な機能となっています。
復号の際の保存場所のオプションも増えてさらに使いやすくなっています。また、元の暗号化ファイルを完全に消去するオプションも利用可能です。

Copyright (C) 2015 FRONTLINE Inc. All Rights Reserved.










PCショップからのオススメ

10/17(日)まで【1,980円】ビデオパワーGREEN
10/17(日)まで【1,980円】ビデオパワーGREEN
価格:5,500円

【過去最安】Amazonプライム・ビデオ、Hulu、NetFlixを録画

詳しい内容を見る
先行販売【3,980円】Apower データ圧縮
先行販売【3,980円】Apower データ圧縮
価格:5,940円

10/21(木)まで【先行販売】写真や動画、PDFを高速に高圧縮

詳しい内容を見る
AhnLab V3 Security(3年3台)
AhnLab V3 Security(3年3台)
価格:11,990円

メール会員限定【1,990円】パソコン・スマホを守る「AhnLab」

詳しい内容を見る
10/19(火)まで過去最安【980円】神コピ!
10/19(火)まで過去最安【980円】神コピ!
価格:4,054円

【過去最安】コピー&ペースト劇的スピードUP「神コピ!」

詳しい内容を見る
【過去最安】ファイナル丸ごとバックアップ
【過去最安】ファイナル丸ごとバックアップ
価格:3,762円

10/17(日)まで過去最安【1,880円】パソコンの状態を丸ごと保存

詳しい内容を見る
【新発売】Acronis Cyber Protect Home Office
【新発売】Acronis Cyber Protect Home Office
価格:5,580円

高機能バックアップソフト「True Image」が更に進化

詳しい内容を見る
【新発売】センペンバンカ 世界の名画606
【新発売】センペンバンカ 世界の名画606
価格:10,780円

63%OFF【商用利用OK】世界の名画606点がデザイン用素材に

詳しい内容を見る
【新発売】Office Personal 2021
【新発売】Office Personal 2021
価格:32,780円

Word、Excel、Outlookが使える永続版Office【最新版】

詳しい内容を見る
過去最安【4,980円】映える日本語フォント40
過去最安【4,980円】映える日本語フォント40
価格:73,260円

メール会員【限定特価】商用利用OKの人気フォント集

詳しい内容を見る
過去最安【2,500円】筆ぐるめ 29
過去最安【2,500円】筆ぐるめ 29
価格:4,390円

過去最安【初心者】大歓迎の年賀状ソフト「筆ぐるめ」

詳しい内容を見る